薄毛になりやすい髪型

薄毛になりやすい体質や生活習慣というのは よく知られていますが、薄毛になりやすい髪形 というのも存在しています。
薄毛を進行するとされている髪形には、 以下のものがあります。

・パーマ

髪の毛にパーマをかけると、 髪に過剰な負担がもたらされます。
髪質が悪くなるだけと思っている方も多いですが、 パーマ自体が薄毛の原因となることもあります。
また、きついパーマをかけた際には、洗髪時に洗いにくく、 洗い流しにくいので、このことからもパーマによる薄毛が示唆されています。

・染色や脱色

髪の色を染めたり、ブリーチで脱色した際には、 髪の毛にも頭皮にも大きな負担がかかります。
特にヘアマニキュアの洗い残しやブリーチによる脱色は、 薄毛の直接的な原因となっていることがあります。
髪色を自然な状態から人為的に変化させるということは、 それだけ髪に負担を強いるということになるようです。

・整髪料

整髪スプレーやポマード、ワックスといった 整髪剤を使いすぎると、薄毛になりやすいと言われています。
整髪時に髪の毛を弄り回したり、 オールバックなどの髪の毛に 負担をかける髪形にした際には、 髪への影響も大きくなります。
また、整髪料の洗い残しも、髪質や頭皮に ダメージを与える原因として知られています。

・長髪

あまり知られていない薄毛を引き起こしやすい 髪形の一つに、長髪があります。
特にパーマをかけるわけでも、 整髪料も使わないといった場合でも、長 髪の場合は髪の毛の自重自体が重いので、 頭皮と毛穴に負担をかけてしまっています。
特に毛根周辺への負担が大きいので、 髪の成長に深くかかわっていることがあります。